『お~い~石よ~岩よ~』

●◆●・・・随分以前、長野県和田峠訪時、小黒曜石を購入。

 新聞報道から・・黒曜石石器(ガラス質火成岩)は後期石器時代石材は(食料獲得)生命線・・。

 

◆●◆・・・【映画】

・・『ニューヨーク最高の訳あり物件』(ドイツ)『ハンナ・アーレント』のマーガレッテ・フォン・トロッタ監督。

 

 ・・『存在のないこどもたち』(レバノン)ナディーン・ラバキー監督が唯一の弁護士役の俳優で、法廷で「両親を僕を生んだ罪で告訴する」戸籍のないゼイン少年役、他配役も演技経験のない、同境遇の人々によって創られた作品であるというが、見事な表現者たちによる緊迫感が💛揺さぶり、貧困・不法移民問題など不条理世界が炙り出され、未来ある子どもたちに幸多かれと祈らずにはいられない・・・。

 

・・『パリに見出されたピアニスト』(フランス・ベルギー)

 パリの駅に置かれたピアノから始まる・・今年はコンサート会場で知人の「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲2番ハ短調作品18」そして今映画で2度ラフマニノフを聴くことができ時折自宅でCD。

 

・・『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(アメリカ)

 鑑賞後プログラム購読し寄稿文より・・世界で最も有名図書館の舞台裏へ(ドキュメンタリー/フレデリック・ワイズマン監督)

 

・・・マンハッタン1911年建設当時の本館は米国最大の総大理石建築・・分館88専門図書館4・・熱いスタッフミーティング・シーン、有料データーベースも無料、多種多様なイベント・講座の充実・・デジタル時代になり、更に図書館の重要性は増してくる・・

「図書館は書庫ではない、人だ」建築家の言葉・・インターネット・デジタル情報を生かしたサービスも積極的に取り入れて来た・・NYPLは全ての人に開かれていると言えるように進化とスケールが違うのだと伝わってくる。

 

 「進化する究極の公共図書館/市民社会を支える現情報拠点」➡『未来をつくる図書館ニューヨークからの報告/菅谷明子著』次機会に読んでみたい。

 

●◆●・・・今9月、母のイトコMは90歳を超え、最後の渡米、今生の別離とマンハッタン在住コドモH宅へ、往路はコドモSが成田まで送り、復路はSがマンハッタンまで迎えに行くという。

 まだマンハッタンのH宅にいるであろうオバを想い浮かべながら、上記2本の映画を観た。

私は長年Mオバ様にお目にかかっておらず、60歳代の頃の165㎝長身上品ステキなイメージしかないが、2年前に有料ホーム入所し、今年、丁寧な暮らしと美意識高い趣味・造作の閑静な自宅を売却をしたという。

  「人は泣きながら生まれて来て、灰塵と化し、誰にも明日はわかりませぬ」

 

◆●◆・・・【本】

・・『リーチ先生』原田マハ著

バーナードリーチ・・・高村光太郎・柳宗悦・河井寛次郎・・・濱田庄司は渡英し,鉱石花崗岩陶石・・土探しから奔走し耐火煉瓦を作り英国の地に登り窯を作った・・。

 日本から渡英し、ルーシーリーさんに1年師事、現在は画家としてご活躍されている方の弟妹が近隣在住されており、日英の ”かけはし” 今も連綿と続いている・・。

 

『石も木も眼にひかるあつさかな/去来』

●◆●・・・報道から・・倉敷市児島地区では、ユーズド加工ジーンズ⇒ストーン・ウオッシュ(軽石で洗う)など海外からも評価高く外国人観光客が急増しているという。私はGパンは太もも肥!!着用しないが、児島デニム製のワークウェアは四季折々に4枚を着用中。

 

◆●◆・・・ 京都 嵯峨野 

『落柿舎』内で芭蕉・西行・・句碑巡り

  「も木も眼にひかるあつさかな」向去来・・今夏はかなりの暑さ。

 

『アイトワ』

「愛とは」「愛と環」「愛永遠」の造語とあり・・”アジア山間民族讃歌”テーマの森小夜子氏人形作品の眼差しや一針一針からほとばしる想いが伝わり、嵯峨野の地から、祈り・奇跡・神秘などのワードが湧き、清澄なひとときにひたる。

●◆●・・・【本】

 

『レンマ学』中沢新一著

今や故人となった親戚から学生時代に恩師だったと聞いたような「山内得立(哲学者)1890~1982)名アリ。

「ブッダは愛こそが人間苦の根底をなし・・強力に人間の感情生活を駆動してる・・」

まだ、4分の1読の状態。

随分以前に「五来重(哲学者)著作品集」石・岩の関する箇所は購読したゾ。

 

『アーレント政治思想集1/組織的な罪と普遍的な責任』

ハンナ・アーレントに関心を抱き敬愛するだけにとどまっていた私は、今こそ味読したいと念いがページを繰り昴まるが、脆弱な精神が巣食う今・・・10分の1読。

 

『松谷警部と三ノ輪の鏡』平石貴樹著

作者名「石」が付けば、図書館からご縁を戴くことにしている。

主要登場人物も「白石」「石井」アリ、図書館書架にはなかったが松谷警部シリーズ『松谷警部と三鷹の石』作品もあるようだ。

 

 

 

 

『「石」こじつけ雑記』

●◆●・・・【報道から引用】

 長浜城跡で秀吉が築いた石垣の遺構➡礎石の「根石」8個と根石の上に積まれる「築石」1個が発見された。

 NHKBS:隕石ハンター・隕石ビジネス・隕石バブル=地球時間・宇宙時間・・メソシデライト・・。

 

◆●◆・・・【映画】

(1)『ROMA』/メキシコ 2018年度アカデミー賞監督賞・・1970年代のメキシコ家政婦&雇用主の日常・・メキシコのROMA地区、ROMAを逆読みするとAMOR=愛。

 

私の大伯父が地質学者としてメキシコ在住時の書籍『MEXICO』/COPYRIGHT BY ERNST WASMUTH,BERLIN1925のセピア色写真集を久々に繰ってみる

 

(2)『ペット2』 いつもアートに技術に驚く。

 

(3)『さらば愛しきアウトロー』ロバート・レッドフォード俳優引退作、実在のアウトローを描いた作品とある。

 

(4)『DOGMAN』/イタリア 2018年カンヌ国際映画祭主演男優賞など他 多部門受賞作品。マッテオ・ガローネ監督/緊張凝視しながら人間の悲哀・不条理に浸った。

 

●◆●・・・【本】

 

(1)『コケはなぜに美しい』大石善隆著 ユーモアに溢れ苔世界に誘う。

戦国武将がみたコケ=高橋紹運=岩屋城

『屍をば岩屋の苔に埋みてぞ 雲井の空に名を止むべき』

 

(2)『嘘の木』フランシス・ハーディング著

翼ある人類の化石・・岩の島➡博物学者➡化石ハンター➡化石聖書・・ 4/3未読状態

 

(3)『バッシング論~日本人はなぜかくも余裕を失ったのか~』先崎彰容著

 

映画『DOGMAN』多分泣き寝入りするだろう&NOと言えない小心者タイプに逆襲してくるそんな小さな発端から被害者加害者様々に交錯変奏しながら、人類古今東西、人生の困難はそこかしこに!!

 

鴨野長明は、悪いことをする人を悪人といい・・すると「人間=悪人」前提➡中悪人➡大悪人➡極悪人サラにサラに➡➡➡・・。

『作品・作者・地名・事物の「石」「岩」探し』

◇●◇・・・事を拙速に運び、泥舟に乗る人生をいまだ邁進中トホホ~。

作品・作者・地名・事物に「石」「岩」Word探して徘徊、ン十年。

  *「意志」(ニーチェ) *「石」(gakakado)が救う。

 

◇●◇・・・【本】

 

(1)・・石牟礼道子著『魂の秘境から』/「石の物語」「石のかみさま」他・・。

著者の生家の石切り場や当時の石工の貴重な話が多く、『苦海浄土』敬意を深くし身が引き締まる著作品で世界に、読者に、もたらされたものは、はかり知れない。

 

(2)・・石井光太郎著・・ルポルタージュ作品の数々からは、分かり解りやすく世界の不条理を伝え、この本も青少年時代に、出会った方々の精神世界・思考・視野を拡げてくれる。

 

 此岸から彼岸の両親に・・思春期の私は父の名前で地方都市の当時の大型書店で書籍だけはツケ買いをしたが、本に関しては父から叱られたことがない。

当時の書店側も、制服を着た生徒が、父の所属&名前を告げるだけで購入できた信頼社会があったのだろう。

 

 母は私の幼少期~読み聴かせ『岩窟王』『ああ無情』『太平記』など子どもに難しいと思われる本であっても・・時に途中で涙声になりながら・・時に高野山の『石童丸物語』を諳んじ聴かせてくれた想い出・・高野山には216基「町石(1町毎の道標)里石(1里毎の道標)」あり、表参道22km続く「町石道ウォーク&トレッキング」「大石順教尼記念館」・・・。

 

◇●◇・・・🎶 ♬♬♬ 🎶

 

(1)『ギュスターヴ・モロー展』/ あべのハルカス美術館

私の友人の友人(フランス人/絵画修復師)はモロー美術館(所蔵4800点!!)で仕事をすることがあると聞いており、やはり感嘆作品!!

 

(2)『法然院』➡墓石数多く、探せるかしらと思ったが、しばらくすると以外に、「九鬼周造博士の墓石」が眼前に飛び込んで来た。合掌

 

・・・以前に液体様なガラスが、変幻自在の力強い存在作品展から光風を得て「西中千人氏(ガラス造形作家)/「枯山水」が法然院さま参道歩石の傍らに静謐なガラス豊光となって!!

 

 

『つぶて=飛礫=小石』

●◆●・・・権謀術策の練達士につぶてを投げたとて、効力ゼロは自明のこと。

無鉄砲・無軌道・思いつくまま・成すがまま、いつも、自己満足で完結トホホ~。

そんな時期は表現者からの豊光・放光➡ひとときの光風・幸風へ。

 

 ◇●◇・・・【映画】

 ・・『コレット』(米・英)実在の小説家⇒ベル-エポックのパリ⇒夫のゴーストライターとして・・ズボン着用が処罰された時代に男装し保守的な時代に立ち向かいながらと・・。

 

●◆●・・・

 ・・『恵解山(いげのやま)古墳公園』(長岡京市)・・標高16m台地/竪穴式石室・・砂岩・チャートなどの葺き石・・公園では、高校生3人が古墳をテーマに作詞したと思われるラップの練習をしていた光景の清々しさよ。

 ・・『勝竜寺城跡』(長岡京市)細川ガラシァ・・岩成友通・・1979年に大量の割り栗石を検出。

 ・・『サントリー京都工場見学』・・天然水・森林保全

 ・・『能面』を打つ方々から、型紙や工程を拝見させて戴く。

私は、円空仏のように鉈彫りに惹かれているが・・日々の俗事から放たれて、能面鑑賞。

 

 ・・久しぶりに夕刻の大阪梅田界隈へ(お世話になっている方々の作品展&小さなコンサート)➡早く着き、時間調整の為に雑踏をぐるぐる歩きウオッチング⇒里山暮らしの身には、翌日、疲労感・・。

『歩石とコンサート・・』

●◆●・・・「欲望に頂きナシ」というが「悩みに空きナシ」と追加する。

天候不順のように精神不順は自然の摂理、心は刻々と変化してやまない。

「岩・石」はかり知れないモノをもたらす。

 ◆●◆・・・

(1)・・「兵庫陶芸美術館」世界に愛されたやきものたち/瀬戸ノベルティの魅力/大正時代~ドイツに輸出された置物は日本製だった。

 (2)・・「石清水八幡宮」(3回訪)桂川・宇治川・木津川の3川が淀川に合流する背割り堤に桜名所あり。

 (3)・・「八幡市立松花堂美術館」椿の多品種&パスタ様な石など展示

 (4)・・「大阪市立東洋陶磁美術館」特別展/文房四宝・・中国において文人とは書・文学・音楽・芸術のみならず、治山治水にも秀でこれら多岐にわたる知識体験を得る為「万巻の書を読み万里の路を旅することが必要とされた」筆・墨・硯・紙・印材石・水滴。

 (5)・・「慈光院」(奈良県)/片桐石州/様々な自然石ママの歩石美にやすらぐ。

 (6)・・「あおによし・・コンチェルト演奏会」・・知人からお報せ戴いた 法隆寺近いが4回訪であった為、今回は「いかるがホール」GO!!

 (7)・・「龍田川・・ちはやふる・・」

 (8)・・「藤の木古墳」

 ●◆●・・・【映画】

 (1)・・「えちてつ物語」・・えちぜん鉄道・恐竜博物館・・ローカル映画。

 (2)・・「家へ帰ろう」スペイン・アルゼンチン/ホロコースト生き延びた監督祖父の実話。

 (3)・・「七つの会議」池井戸作品:組織のパワハラは常態・・学校は「いじめ死・指導死」・・世界的ロボット開発者が、「人間はロボットになっていく・・」確かに国家戦略IT機器に依存・服従・隷属し、組織では、最大公約数的でなければ事は運べない。

 (4)・・「モリのいる場所」画家、熊谷守一晩年の日々。

 (5)・・「ビリーブ」アメリカ/50年前の女性弁護士が史上初の勝利した男女平等裁判の実話。

 (6)・・「ブラック・クライズマン」アメリカ/デンゼル・ワシントン子息が刑事の潜入捜査実話。

 (7)・・「記者たち」アメリカ/イラク侵攻の疑惑を追った記者たちの驚くべき実話とある。

 (8)・・「バーニング劇場版」韓国/原作:村上春樹・・ビニールハウス

 ◆●◆・・・【本】

 「虚栄」久坂部羊作品は外せない。

◆◆ 「法律事務所」J・グリシャム/白石朗=訳・・弁護士である作者が描く、企業弁護士サスペンス。

◆◆ 久しぶりに「岡倉天心」「九鬼周造」関係を読む。

 

♬ 「法然院」九鬼周造墓石(故人となった親戚が学生時代、学内で九鬼教授を見かけたという話を想い出しながら)&西中千人(ガラス造形作家)の「枯山水」作品・・行く予定が次機会に 

 

『一石投成らず・・・あはれ無益の事どもかな』

●◆●・・・執心続けていたライフワーク!?間遠が4年も経過していた事に驚く。

無意味!?自己満足!?自己暗示をかけながら。

「ゆく川の流れのごとき無常の世・・・」

「あはれ無益の事どもかな・・・心さらに答ふる事なし」

2017年12月gakakado『鴨野長明/京都日野地の草庵跡「方丈石」訪』を想い出し、各地で拾って来た何ら変哲も無い石を庭に並べ置き、光透過する厚ガラスをハンマー割り我が稚拙作品群に慰撫・慰謝されながら日々をやり過ごす。

 

◆●◆・・・【映画】

(1)・・『ボヘミアン・ラプソディ』(米)

(2)・・『ガンジスに還る』(印)8年前に永眠した親戚学者のインド学究生活2年間の話が想い出される

(3)・・『運び屋』(米)クリント・イーストウッドは外さず

(4)・・『天才作家の妻/40年目の真実』(瑞典・米・英)

(5)・・『ダンボ』(米)アニメーションの実写化

 

劇場派の私は小さなTVで見逃しは見逃しでOK、ビデオを持たない。

諸事情がなければ月10本以上は映画を観たいノダ観たいノダ。

 

●◆●・・・4月1日に入京『京都国立近代美術館「京都の染色」』又もや、うっかりうっかり休館日!!懲りないトホホ人!!